絵画売却・版画売却をお考えならバーバリーアートスペース

絵画売却・版画売却・美術品売却のご相談

無料買取査定 LINEで無料買取査定
お気軽にお電話ください! 03-5820-8240

営業時間 AM10時~PM5時半 / 土日・祝日定休

babari@b-artspace.com

メニュー
☓閉じる

お気軽にお電話ください!

03-5820-8240

営業時間 AM10時~PM5時半
土日・祝日定休

前田青邨

作品一覧

プロフィール

前田青邨
Seison Maeda

1885~1977年。

岐阜県出身。

明治から昭和にかけて活動し、歴史人物画や花鳥画で有名な日本画家。

 

1885年に岐阜県に生まれ、幼少期から絵画に興味を持ち育つ。

上京後には日本画家:梶田半古に師事し、次第に頭角を現した​​​​。

 

そして17歳で初めて出品した「金子家忠」で日本美術院連合絵画共進会において3等賞を受賞。

師である半古から雅号「青邨」を授けられ、さらに絵画制作に励む。

 

その後 横山大観により再興された日本美術院にて、安田靫彦や小林古径らとともに中核的なメンバーとして活躍、日本美術院同人となる。

 

前田青邨は歴史人物画を主軸とし、多くの名作を残した。

1922年には実業家の支援を受け、小林古径とともに渡欧。

大英博物館で中国東晋の画家である顧愷之が描いたとされる「女史箴図巻」を模写するなど、海外でもその技術を磨く。

 

帰国後には青邨の代表作「洞窟の頼朝」を発表し 第1回朝日賞受賞、歴史画の大家としての地位を確立。

この作品は2010年に重要文化財に指定されている。

 

1937年には帝国芸術院会員に推挙され、1944年には帝室技芸員となる。

戦後は東京芸術大学の日本画科主任教授に就任し、日本画家:平山郁夫などを弟子にとり、後進の指導にも力を入れた。

 

さらに1967年 安田靫彦、橋本明治、吉岡堅二らと共に、法隆寺金堂壁画 再現事業の総監修、

1973年 高松塚古墳壁画 模写事業の総監修者を務めるなど、日本美術の保護と発展にも寄与した。

 

1966年に開館した青邨記念館 (岐阜県中津川市)は、2009年までの長い期間 青邨の作品を所蔵する代表的な美術館として有名であった。

しかし「富士」と「鮎(掛け軸)」が窃盗にあうなど事件が発生し、さらに老朽化などから閉館している。

 

鑑定委員会

東美鑑定評価機構

 

↑前田青邨作品TOPへ







他に多くの取扱作家がございます。

取扱作家一覧はこちらから。

どんな事でもお気軽にお問い合わせください!

お電話でお問い合わせ

03-5820-8240

株式会社バーバリーアートスペース

〒103-0004
東京都中央区東日本橋2-1-6 岩田屋ビル2階
TEL 03-5820-8240 / FAX 03-5820-8241
東京都公安委員会古物商許可 第306629702079