絵画売却・版画売却をお考えならバーバリーアートスペース

絵画売却・版画売却・美術品売却のご相談

無料買取査定 LINEで無料買取査定
お気軽にお電話ください! 03-5820-8240

営業時間 AM10時~PM5時 / 土日・祝日定休

babari@b-artspace.com

メニュー
☓閉じる

お気軽にお電話ください!

03-5820-8240

営業時間 AM10時~PM5時
土日・祝日定休

横山大観

作品一覧

現在、横山大観の取扱作品はございません。
高価買取受付中!作品お取り寄せも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

プロフィール

1868年、常陸国水戸(現在の茨城県水戸市)で生まれる。

水戸藩士、酒井捨彦の長男として生まれる。子供の時分から絵画に興味を抱き、洋画家渡辺文三郎に鉛筆画を学ぶ。

1888年、母方の縁戚である横山家の養子となる。

翌年、東京美術学校に第一期生として入学。岡倉天心、橋本雅邦らに学び、二期生である菱田春草とは画塾でも顔をつきあわせていたライバルであり、無二の親友となる。

1895年、京都市立美術工芸学校の教諭となる。この頃に「大観」の雅号を使い始める。翌年には母校である東京美術学校の助教授に就任するが、その後校長であった岡倉天心が排斥運動にあい、失脚。弟子であった大観もそれに従い助教授職を辞し、天心が中心となって創設した日本美術院に参加する。

その美術院の活動の中で、大観は春草と共に西洋画の画法を取り入れた新たな画風の研究を重ねる。

そして大観は自身の作品最大の特徴である「朦朧体」の技法を用いるようになる。「空気を描くにはどうすれば良いのか」を追求し、没線描法で、色彩の濃淡にのみによって風景を描写した。

けれどもその先進的な画風は当時の画壇の保守派から猛烈な批判を浴び、評論家からは酷評された。

そのため、大観と春草は保守的な国内ではなく海外で活動すべく、インドやアメリカのニューヨーク、ボストンで相次いで展覧会を開き、高い評価を得た。その後ヨーロッパでも展覧会を開き、ここでも高い評価を受ける。

欧米での高評価を受けて、日本国内でもその画風が評価され始め、1907年には、文部省美術展覧会の審査員に就任。また、大正時代における琳派ブームを牽引した。

1913年には守旧派に押されて活動が途絶えていた日本美術院を再興し、以後、大観は日本画壇の重鎮として確固たる地位を築いた。

1958年、死去。

 

 

どんな事でもお気軽にお問い合わせください!

お電話でお問い合わせ

03-5820-8240

株式会社バーバリーアートスペース

〒103-0004
東京都中央区東日本橋2-1-6 岩田屋ビル2階
TEL 03-5820-8240 / FAX 03-5820-8241
東京都公安委員会古物商許可 第306629702079