絵画売却・版画売却をお考えならバーバリーアートスペース

絵画売却・版画売却・美術品売却のご相談

無料買取査定 LINEで無料買取査定
お気軽にお電話ください! 03-5820-8240

営業時間 AM10時~PM5時 / 土日・祝日定休

babari@b-artspace.com

メニュー
☓閉じる

お気軽にお電話ください!

03-5820-8240

営業時間 AM10時~PM5時
土日・祝日定休

香月泰男

作品一覧

現在、香月泰男の取扱作品はございません。
高価買取受付中!作品お取り寄せも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

プロフィール

1911年、山口県に生まれる。

1931年、東京美術学校(現在の東京藝術大学)に入学し、藤島武二に学ぶ。

ヴラマンクやゴッホ、ピカソ、梅原龍三郎などの影響を強く受ける

美術学校を卒業してからは美術教師として働いていたが、1942年太平洋戦争勃発により召集を受けて兵として満州に向かう。

1945年、ソ連・シベリアに抑留される。収容所で強制労働に従事し、この時の体験が後に生み出す作品『シベリアシリーズ』の主題であり背景となる。

シベリア抑留から引き上げると、郷里へと戻り山口の女学校で教師をしていたが1960年に依願退職。しばらく創作活動に専念する。

1969年、『シベリアシリーズ』で第一回日本芸術大賞を受賞する。

『シベリアシリーズ』は戦争や抑留生活、強制労働などの記憶を暗い色調、抑制された筆致で描いており、芸術的な価値ももちろんながら、シベリアからの帰還者のほとんどが自身の過酷な体験を語りたがらない中、当事者の記憶をとどめ、後世に残すという歴史的な価値も有している。

シベリア帰還からしばらくして、香月は明るい色合い、ユーモラスな形態で台所におかれた野菜や魚など食材を多く描いており「厨房の画家」などと呼ばれた。

シベリアや戦争をモチーフにした作品を作り始めたのは1950年後半、香月の画家人生の晩年になってからであった。

1974年、死去。

 

 

どんな事でもお気軽にお問い合わせください!

お電話でお問い合わせ

03-5820-8240

株式会社バーバリーアートスペース

〒103-0004
東京都中央区東日本橋2-1-6 岩田屋ビル2階
TEL 03-5820-8240 / FAX 03-5820-8241
東京都公安委員会古物商許可 第306629702079