絵画売却・版画売却をお考えならバーバリーアートスペース

絵画売却・版画売却・美術品売却のご相談

無料買取査定 LINEで無料買取査定
お気軽にお電話ください! 03-5820-8240

営業時間 AM10時~PM5時半 / 土日・祝日定休

babari@b-artspace.com

メニュー
☓閉じる

お気軽にお電話ください!

03-5820-8240

営業時間 AM10時~PM5時半
土日・祝日定休

後藤純男

作品一覧

プロフィール

1930年、千葉県の真言宗の寺に生まれる。

父親の跡を継ぐため、僧侶の修行を始めるが絵を描くことが大好きだった純男は画家への道をあきらめきれず、山本丘人や田中青坪に師事し日本画を学ぶ。教職を務めながら作品を制作し、1952年院展に初入選する。

1955年、約8年間に及ぶ関西、四国における真言宗の寺を巡るスケッチ旅行を始める。

 

元々は地元の関東平野、日本の原風景を描いていたが、このスケッチ旅行を機に寺社仏閣をモチーフにした作品を多く描くようになる。

また、30歳であこがれていた北海道へと渡りそこで、原点である風景画のスケッチを重ねる。
寺社仏閣の美、神々しい自然の美、そのどちらをも描き「神仏は自然に宿る」と会得し、「風景画の中の仏画」への道を模索するようになる。

そこから制作された作品群は高く評価されるようになり、様々展覧会で賞を受ける。人気もあがっていき、
1981年にはネスカフェ・ゴールドブレンド「違いがわかる男」のコマーシャルに出演。

 

49歳で現代日本絵画展代表団の一員として中国を訪問。中国にも毎年スケッチ旅行に出かけるようになり、長じて西安美術学院の名誉教授となる。

1995年、パリ・三越エトワールにて「後藤純男展」を開催。
2006年、旭日小綬章を受章する。
2016年、死去。

どんな事でもお気軽にお問い合わせください!

お電話でお問い合わせ

03-5820-8240

株式会社バーバリーアートスペース

〒103-0004
東京都中央区東日本橋2-1-6 岩田屋ビル2階
TEL 03-5820-8240 / FAX 03-5820-8241
東京都公安委員会古物商許可 第306629702079